• レーシックの基礎知識を知る

  • 最近、有名サッカー選手がレーシック手術を受けたり、周りで手術を受ける人が増えてきたりと、レーシックは一般人にも広く知られるようになりました。 しかし、レーシックを受けたいと思っても、レーシックの基礎知識が無いとなかなか医師にも相談できません。 そもそもレーシック手術とはどういうものなのでしょうか。

    レーシック手術とはレーザーで視力を矯正する手術です。まだ比較的新しい技術なのですが、年々安全性や確実性が高まってきています。 この治療を受ける前には事前検査が必要です。初回問診時に角膜の状態を確認し、安全に視力矯正を行うことができるか、またどの程度の視力回復が見込めるかをしっかりと事前に検討します。

    治療費は以前と比べると大分安くなっています。 安全性や効果の高さが評価につながり、多くの人が手術を受けるようになったので、その分手術費用を抑えることができるようになっているようです。

    レーシック手術とは、エキシマ・レーザーを使用して、眼の角膜の形状を変えることで屈折率を変化させ、視力を回復させる手術です。 治療に必要な時間は、両眼で10分から20分程度で、入院の必要はありません。 近視や乱視、遠視で困っている人は、眼鏡やコンタクトレンズに代わる視力回復方法として、この方法を検討する価値はあります。 レーシックの基礎知識を得たうえで、安全で安心な病院で治療を受けられることをおすすめします。